株で4回も億をつかんだものの、4回とも破産に追い込まれた男の記録です。

4回億
ブログランキングに参加しています。更新のモチベーションになるので、続きも
読みたい!と思えたら下のバナーを1日1回クリックお願いしますm(__)m

小説本編 第71話~80話

第80話 運命の上方修正

投稿日:

2016年7月4日月曜日。

銘柄Aは俺の期待と妄想の通りの大暴騰を見せる!

 

前回のお話はこちらです

第79話 銘柄Aの逆襲

2016年6月27日、月曜日。 1か月半で株資産逆テンバーガーを達成した俺がホールドをこだわり続けて銘柄、「銘柄A」がいよいよ反撃を開始した。   前回のお話はこちらです ついに注目を浴びた ...

近づく銘柄Aとの決着

なんと20%以上の爆上げだ。

先週末の終値2035円だったのが今日の終値2490円だ。ちなみにイギリスEU離脱ショックの先々週金曜日の最安値は1275円だった。

やはり先週は初動の動きだった!

ここからが本番だ!決算に向けて期待買いが集まっていくはずだ。

そして中間決算では円高恩恵を受けた上方修正が出るだろう。

俺の頭は先週からお花畑が止まらない。

 

月曜日の収支は1100万勝ちとなり、口座残高も3900万円に到達した。

3週間前の資産に戻すことができた。

さらに銘柄Aがようやく評価を集め始めた。

ここから大反撃の開始だ・・・!

 

 

・・・と思ったところがピークとなった。

銘柄Aはこの翌日に一瞬付けた2590円という株価が高値となり、その後は勢いを失う。

とはいえ暴落するでもなく可もなく不可もなくの推移となった。

7月は新興のマザーズ指数が右肩下がりで下がっていく展開となり、銘柄Aの動きもほぼそれに従うような形となった。

とはいえ、マザーズ指数がほぼ回復の全戻しとなりEU離脱ショックの水準まで戻ったのに比べれば強さをキープしたと言ってもよかった。

2000円以上の株価を常にキープしていた。

当然俺は8月中旬の中間決算、もしくは事前に出るであろう上方修正の数字やそれに対する市場の評価を見届けるまでは断固ホールド。ガチホだ!

さらに、余力に余裕ができて且つ銘柄Aに対する確信を深めるにつれ少しずつ買い増しを進めていた。

 

 

一方、それ以外のトレードに関してはやはりマザーズ指数下げ一辺倒の展開の影響を受けてしまう。

やはり地合いに応じた守りのトレードがどうしてもできないでいる。

7月4日に3900万に達した後の火曜から金曜で約1800万円も負けてしまう相変わらずのダメっぷり。

 

しかしその後はなんとか踏みとどまった。

翌週の7月3週目は16万負けで耐えた。

7月4週目は240万負けで残高は約1900万円となり苦しくなるが、7月最終週となる翌週は28日木曜日まで絶好調で550万勝ちで口座残高は2430万となった。

下げ続けたマザーズ指数を考えればかなり健闘した。

ピーク残高3900万円の翌4日間の1900万負けは痛かったが、その後は地合いに逆行してプラスで推移することができたのだ。

 

 

そんな手応えを感じつつ迎えていたこの7月28日は運命の日となった。

トレード中ではなく、引け後の話だ。

銘柄Aの上方修正が出たのだ・・・!

 

その日のトレードを終えてのんびりした後、翌日の準備でも始めようとツイッターを見ている時に目に飛び込んできたのだ。

 

「この日まではホールドし続けよう」と決め込み待ちに待っていた。

上方修正が出ないのなら中間決算当日まで。

しかし上方修正が出ることは確信していた。

第一四半期決算の素晴らしい実績を踏まえながらも「円安」を理由に控え目な文言を並べて据え置いていたからだ。

円安に振れるどころか逆に円高が進み続けていたのだから全く問題ないはずだった。

そしてこの1カ月半の間でさらなる超円高に振れたわけで、今回の中間決算の数字には当然間に合わないが通期の数字に織り込んでくれるのではないかと期待した。

第一四半期決算では「円安」を理由に中間決算について控え目に語られていたのだから、今回は「円高」を理由に通期上方修正をこのタイミングでしてくれてもいいのではないか、と妄想していた。

 

3か月以上に渡る長い勝負にやっと決着のメドが立つ。

買い増しも良いところで多めにできている!

 

先月末同様のミラクル大爆益が始まる予感を胸に上方修正の中身を読んでいく。

 

・・・ん?

・・・・んん?

おかしい!

意味わからん・・

納得できない・・

 

確かにIRのタイトル通り中間決算の数字は上方修正だ。

しかし通期予想に関してはまたもや弱気な文言を並べ倒しているのだ。

しかも以前プラス要素として書いてあったことが、逆にマイナス要素にも成り得るかもというようなことまで書いてある。どれだけネガティブシンキングなIR担当者さんなんだ・・

 

そして一番納得できなかった部分は、今年の安定した円高推移や最近の急速な超円高の動きに対してのポジティブコメントが一切ないことだ。

いやいや2か月半前の第一四半期決算であれだけ「円安」をネガティブ要因として書いてましたやん・・・

なぜ円高になったらその要素完全スルーなの・・・

最近円高恩恵享受銘柄としてS村さんも煽りまくってたんやで・・

どうすんの・・・!

 

この会社のIR担当者さんは、いやこの会社自体、とんでもないネガティブ体質なの?

第一四半期決算もその前の本決算も確かに控え目だったけどそこまで見抜けなかった。

しかしここまでの流れからの今回円高スルーはさすがに気づいてしまった。

未来に対して常にネガティブにしか語れない会社、誰が株を持ち続けたいと思えるんだよ・・

 

そんな疑問と怒りをぶつけるため、俺は銘柄Aの会社の電話番号を探すのだった・・・

株で勝つために有料情報もたくさん登録したし、どんなことでもしました。最低でも無料で得られるメルマガは登録しておくべきです。参考になるサイトを2つだけ紹介しておきます。
株エヴァンジェリスト
新生ジャパン

兄側のノンフィクション小説も連載中です
株で億り人になった弟を持つ男
兄がデイトレで勝てない人のために手法やメンタルについて書いています。
デイトレで勝てない人のためのブログ

-小説本編, 第71話~80話

Copyright© 株で億を4回つかんで4回破産した男 , 2020 All Rights Reserved.