株で4回も億をつかんだものの、4回とも破産に追い込まれた男の記録です。

4回億
ブログランキングに参加しています。更新のモチベーションになるので、続きも
読みたい!と思えたら下のバナーを1日1回クリックお願いしますm(__)m

小説本編 第31話~40話

第33話 一日天下

投稿日:

翌日の5月15日、奇しくもこの日、新興市場は暴落開始の日となった。

4月初日や5月初日のにも暴落はあったが、この日の暴落はその後違う意味を持つことになる。

マザーズ指数がこの日の高値を超えるのは3年後のことだ。

つまりアベノミクス相場に乗じた新興市場祭りはついに終わりを迎えたのだ。

しかしそれがわかるのは当然後のことだ。

暴落の恐怖を常に警戒していたとはいえ億トレを達成した翌日に一気に資金を引き揚げる作戦を取ることなど俺にはできなかった。

 

前回のお話はこちらです

第32話 億トレ達成!

約1500万円から8500万円まで一直線に増えた後の不調。 そのスランプをたった2日で抜け出し、億トレに向かい突き進む。   前回のお話はこちらです 駆け抜けた億への道 スランプ脱出の日とな ...

泣きっ面に蜂

新興大暴落となったわけだが、4月1日のように朝から無抵抗に減らしていったわけではない。

5銘柄ほど持ち越していたスイング銘柄は朝一はそこまで酷い下落ではなかった。

しかしスイングの負けをデイトレードで取り返そうとした行動が全て裏目に出て傷口は広がる。

切らずに持ち続けたスイング銘柄も新興暴落相場の影響で下がり続ける。

 

午前中最も食らった状態で3500万円負けまで行き青ざめたがなんとか2000万円負けまで戻すことができた。

額としては吐き気がしてくるが、率で考えれば今までだってこんな動きはあった。

そしてここから全てを取り返してプラスに転じた日だってあったじゃないか。

億達成の日を一日天下で終わらせるわけにはいかない!

久々に会う彼女に報告できなくなってしまうぞ!

大暴落で最悪な雰囲気の市場の中俺は自分を奮い立たせ続けた。

 

しかしその前のめりの姿勢がさらに墓穴を掘ることになる。

取り返しに行ったブッコミデイトレードは全て裏目に出た。

デイトレ全敗。

全敗とは言ってもトレード数自体はいつもより少ない。

0勝5敗だ。

しかしその分、1トレードごとで勝負した金額はとてつもなく大きかった。

 

持ち越していたスイング5銘柄が暴落相場に巻き込まれて下落し、デイトレードで5敗した。

たったこれだけのことだ。

これだけ見れば今まで何十回と経験してきたことに感じる。

しかしこれだけで俺は4500万円負けという大敗を喫したのだ。

 

昨日はたくさんの人に祝福してもらい、自分でも今後のトレードや資金管理の作戦を立て妄想し、夢のような1日を過ごした。

それが今、夢そのものとなり終わってしまった。

億達成から1日で半分近くになってしまった。

億トレの地位は1日も保てることなく陥落した。

ずっと警戒し続けてきた大壊滅の日は、億達成の歓喜という一瞬の隙が生まれたその瞬間にやってきた。

 

しかしこれで俺のトレード人生が終わったというわけではない!

資産で見てもつい2週間前の5月1日時点の数字に戻ったに過ぎない。

昨日の歓喜との落差に絶望感をすぐに振り払うことは不可能だが、前を向いてまたやり直すしかない。

とはいえ今日のトレードでさすがにブッコミトレードの恐ろしさには打ちのめされた。

明日必ず出金しよう。立て直すには決して遅すぎやしない。

ポジティブな希望を抱きながらこの日も元気にブログを書いた。

自虐たっぷりなこの日のブログ更新は称賛を浴びた。不屈のメンタルを褒めたたえてもらえた。

昨日の祝福もそうだがみんなからの励ましには感謝しかない。

ここからもう一度頑張るんだ!

 

 

約束通り夕方からは彼女と会った。

株を優先して彼女をないがしろにする日々だったが大負けで落ち込んで約束を無しにすることなどしない。

大チャンスタイムと見て株トレードを優先させてもらってはいたが、付き合って2年も経ち俺にとっては大切な存在なのだ。

億のサプライズ報告が実現しなかったのは悲しいが、今までのことも今日のことも全て伝えた。

仕事をすぐにでも辞めてこれからはたくさん会えるという話もした。

 

会った瞬間から元気がなかった彼女は俺の話を無感情に聞いていた。

まさか俺のブログをずっと読んでいたのか?

そんなはずもなく、彼女は俺のブログの存在も知らなければ波乱万丈の最近の俺の株成績も全く知らなかった。

株の大成功に喜んでくれたのか。もしくは最後の結末に落胆したのか。それとも無職の株トレーダーはやはりダメなのか。

どれも当てはまらなかった。

会う頻度が激減していた日々に、彼女は他の良い相手を見つけてしまっていたのだ。

 

泣きっ面に蜂とはこのことだ。悪いことは続くのだ。

俺にとって起こり得るツートップの悪いことが同じ日に起こったようなものだ。

今日大負けせず1億をキープしていれば彼女との結末は変わっただろうか・・。

そんなことも考えたりはしたがその様子もなかった。

彼女の気持ちはガッチリ固まっていた。

 

ああ、俺は一体何のために株をやっているのか。

このタフな怒涛の日々はなんだったのだろうか。

またしても株を優先したことで大切な人を失ってしまった。

仕事を辞める意味もなくなってしまった。

でも仕事を続ける意味ももはやない。

再来月には30歳になる。

2年付き合った彼女を失い、職も失い、4500万円も失った状態で30歳を迎える。

俺の人生はどうなってしまうのか。どこに向かっているのか。

 

3年前の、専業になり半年で退場となった時の感情が久々に蘇った。

いろんな意味で燃え尽きてしまったような感覚だ。

抜け殻だ。

 

しかし明日はやってくる。

容赦なくトドメを刺しにくる明日が・・・

兄側のノンフィクション小説も連載中です
株で億り人になった弟を持つ男
兄がデイトレで勝てない人のために手法やメンタルについて書いています。
デイトレで勝てない人のためのブログ

-小説本編, 第31話~40話

Copyright© 株で億を4回つかんで4回破産した男 , 2019 All Rights Reserved.