株で4回も億をつかんだものの、4回とも破産に追い込まれた男の記録です。

4回億
ブログランキングに参加しています。更新のモチベーションになるので、続きも
読みたい!と思えたら下のバナーを1日1回クリックお願いしますm(__)m

小説本編 第21話~30話

第25話 勝ち負けジェットコースター

更新日:

過去最大のペースの大負けとなった前半。

額の大きな勝ち負けの激しい殴り合いになった後半。

最後に270万円勝ちなんとか150万円でフィニッシュ。

そんな波乱万丈の2月を終え、3月を迎えた。

アベノミクス相場は再び盛り上がりを見せようとしていた。

 

前回のお話はこちらです

第24話 再度現れた下落の波

2013年2月。 前月に今までの自分ではありえない金額を稼ぎ出し有頂天だった俺にまたしても大きな試練が訪れる。   前回のお話はこちらです 出金しておいたことによる生き残り 2か月にして過去 ...

3月スタートダッシュ!

3月初め、1月以上のスタートダッシュを決めることになる。

1日目190万円、2日目360万円、3日目170万円と3連続大勝ちスタートになった。

2月ラスト2日の270万勝ちと合わせれば5日間で980万勝ちだ。

340万円の資金を5日で1320万円にすることができたのだ。

 

その後の2日も連勝で50万以上増やすことができ、合計で7連勝となり残高は1378万円に達した。

2月に640万円でスタートして途中で120万円入金したことを考慮しても倍増が見えるところまで来た。

 

しかしこのジェットコースターは何なんだ!

突然年末から2か月で2100万円勝ったと思えば翌月はスタートからいきなり資金残高の3分の2以上を失い、ちょうど1か月後にはどん底から4倍になった。

株口座の資金残高のボラティリティつまり変動率が凄まじかった。

結果論ではあるが、1500万円を出金していたことがモノを言った。

すぐに追加入金してしまったが120万円で抑えられたことも良かったのかもしれない。

1500万円を出金せずに2100万円の資金で続けていたら、3分の2以上を失うところで1500万円以上溶かしていたかもしれない。

それが出金していたことで500万円負けるに留まったのだ。

その後結局はどん底から4倍で資産MAXを更新することにはなったが、もし1500万円溶かしていたら気持ちの余裕も違っていただろうしそうなれば行動が変わっていたかもしれない。

株口座とは別に1000万円の貯金を確保できていることで精神的安定が得られ、それによりこの激しいジェットコースターに乗り続けることができているのかもしれない。

 

ジェットコースターの日々は翌日からも続く。

2月末からの7連勝の翌日から4連敗で427万を溶かす。

その翌日から4連勝で409万増え、2連敗で407万減り、その後5連勝で618万増。

 

トレードの中身も大味だった。

結果的に勝ちで終われた日の中でも90万負けのトレードがあったり、数十万負けのトレードがたくさんあったり、中身的には去年までのヘタクソな自分は健在だった。

資産ボラのジェットコースターを生み出しているのは間違いなく信用無限回転だ。

いきなり大負けトレードからスタートしたり連敗スタートだったとしても、大きく上がる銘柄が多いからそれに乗っかり朝の負けを取り返せてしまう。

去年までなら取り返せない負けも信用無限回転の力で取り返すことができてしまう。

しかしこれは罠となることの方が多かった。裏目に出るのだ。

迷わず損切りして次の強そうな銘柄に乗り換えるが次の勝負も読みが外れて大負けになれば資金が減る速度は去年までの比ではない。

大負けを取り返す日もあるが、負けスタートの日は大負けで終わる方が多い。

負けを取り返そうという精神状態でのトレードは冷静さを欠き、危険が高まる。

次も負けることなど考えずに勝つことしか頭にないからだ。

最初に大負けでスタートしている日はすぐに取り返したくなりブッコミのド順張りジャンピングキャッチを繰り返してしまう。

アベノミクス相場とはいえど何をやっても負けないわけではないのだ。

取り返しメンタルに支配されないよう朝一番の時間帯でのトレードで大負けスタートにならないように心がけた。

 

大負けの日は大反省だ。

3月からは3年半ぶりにブログを復活させ、トレード履歴を載せてその日の反省や感想を書き綴った。

大きく負けてしまった日でもブログで反省を書いて明日からの対策を書くことで気持ちは整理されリセットできた。

翌日はすぐに切り替えやることは同じ。大負けスタートの展開にだけは気をつけつつもイケイケトレードだ。

ずっと強気な姿勢は崩れなかった。

去年までのヘタクソなトレードは健在で決して撲滅できなかったが、アベノミクス相場に助けられる形でトータルで資産は増えていく。

結局3月は963万円のプラスで終えることができた。

途中熱くなり100万円追加入金をしてしまい1671万円の残高で4月を迎えた。

追加入金はもう最後にしようと心に誓った。

 

 

2月と3月は連勝と連敗の連続もさることながら、1日で動く金額がとてつもなかった。

特に大負けの日の金額だ。

そして最も危険だったのは、そのことに慣れが生まれ始めていたことだ。

1日に200万円負けてももはや日常茶飯事の感覚だ。

大負けしても必ず数日で復活してしまう。しかも早ければ翌日や当日にでも復活する流れが続いたことで、ジェットコースターに乗っても何も恐怖を感じない体になっていたのだ。

 

そしてその慣れが大参事を生むことになったのは4月1日のことだった。

1日の負け額として過去最大額の倍以上の金額を溶かしてしまうのだ・・・

兄側のノンフィクション小説も連載中です
株で億り人になった弟を持つ男
兄がデイトレで勝てない人のために手法やメンタルについて書いています。
デイトレで勝てない人のためのブログ

-小説本編, 第21話~30話

Copyright© 株で億を4回つかんで4回破産した男 , 2019 All Rights Reserved.