株で4回も億をつかんだものの、4回とも破産に追い込まれた男の記録です。

4回億
ブログランキングに参加しています。更新のモチベーションになるので、続きも
読みたい!と思えたら下のバナーを1日1回クリックお願いしますm(__)m

小説本編 第21話~30話

第21話  アベノミクスと信用無限回転

更新日:

2012年12月、2009年から続いた民主党政権が幕を閉じ自民党の安倍政権がスタートする。

アベノミクスの到来だ。

 

前回のお話はこちらです。

第20話 追い詰められていく仕事と株

モニターを1台から2台、その直後4台にまで増やし自分の株トレードに改革が起きた。 イナゴ投資法というものを知り新たな可能性を感じる経験もした。 一方仕事の方は陰りを見せ始め、ますます株に熱中していくの ...

アベノミクスで株式相場はお祭りに

アベノミクスで株バブルが始まったことは株に触れたことのない人でも知る事実だ。

実際2009年からの民主党政権の3年間はずっと株価は低迷していた。

リーマンショックの時期の歴史的暴落があったのは2008年からだ。

しかしその後アメリカを中心とした世界の経済は復活を遂げていた。

しかし日本だけが円高が進んだことによる輸出企業の業績低迷などの原因により民主党政権のもと経済は低迷し続け株安が続いたのだ。

ところが安倍政権になり異次元の金融緩和による円安などを背景に日本経済が復活していく様相になる。

株価というのは未来を織り込みに先行していくものだ。

株式相場はアベノミクスが始まった直後、いや始まる直前から一気にお祭り状態になったのだ。

ここまでの話は俺の個人的な見解ではなく世間一般のお話だ。

実際俺は今まで自分が株で負け続けていることと政治経済の状況をリンクさせて考えたことは一度もなかった。

民主党政権への不満を抱いたこともなかった。

ところがそんな俺にもアベノミクスの株バブルだけは大いに関係があった。

自民党の安倍内閣に変わったからといってこれから勝てるという直感など全く湧かなかったが、掲示板を見たりするとトレーダー達は全員ワクワクしながら明るい未来を語っていた。

それを見聞きするだけで俺もワクワクだけはしていた。

そのワクワクが現実の物になるまでに全く時間を要さなかった。

そしてこのアベノミクス相場こそが、俺の永遠の弱点だった「極端な順張り脳」を逆に最大の武器に変えたのだ。

直さなければいけないけれど直らない、そんな致命的短所が何もできない間に驚異的長所に変わってしまった。

これについてはこの後の物語で存分に語らせてもらうことになる。

 

 

一方、アベノミクスとは関係なく株式市場全体での大きなルール変更のようなものが2013年1月に行われた。

それが信用無限回転だ。

 

2012年までは信用取引の余力を使えるのは1日に1回までだった。

たとえば90万円の資金を株口座に入れておけば信用余力は300万円なのだが、300万円分の信用余力を使ってしまえばその日はもう信用取引は不可能になり残りの時間は現物取引のみのトレードになるというのが以前のルールだった。

信用取引を使って1回で300万円分の買い注文をしても、150万円分の買い注文を2回しても、その日の信用取引を使った買い注文はそこで終了。

デイトレードでその株を売っても信用余力は復活しなかった。復活するのは翌日だった。

それが2013年以降は信用で持っていた株を売ると即座に信用余力が復活するように変わったのだ。

翌日を待たずともその場で信用余力を使ったトレードがまたできるようになる。まさに信用無限回転だ。

 

これが俺に与えた好影響は計り知れない。

順張り脳と並ぶもう1つの俺の弱点がブッコミ癖だったのは前回の話の最後に書いた通り。

たとえば朝一番で熱いと確信を持った銘柄を見つけた時に、信用余力を全部その1銘柄にぶっこんでしまう。

株口座に90万の資金がある状態と仮定すると、300万円分その確信を持った銘柄の株をいきなり買ってしまう。

その後の行動が、信用無限回転になる前の2012年までと信用無限回転に変わった2013年以降ではまるで変わるのだ。

 

制度やルールが変わるだけでこんなにも劇的に変われたトレーダーが他にいただろうか。

もともと勝ち組で資産を順調に増やしていたトレーダーが信用無限回転をきっかけに資産を飛躍的に伸ばした例は聞いたことがあるし、多いはずだ。

以前は朝や午前中だけトレードをして午後は信用余力もなくなっているのでトレードをしないというデイトレーダーも多かった。

信用取引はレバレッジつまりブッコミの魅力の他にも、手数料が現物取引より安いというメリットなどがあった。

さらに、差金取引と言って現物取引では1つの銘柄を同じ日に何度も何度も繰り返してトレードすることが不可能で、信用余力も使い切ってしまった後は同じ銘柄で細かいデイトレードを繰り返し続けることができなかった。

そんな境遇のデイトレーダーも2013年以降は後場もトレードを続けられるようになったのだ。

手数料の安い信用取引が後場も使える。1つの銘柄を何度でもトレードし続けることができる。

信用無限回転により恩恵を受けたデイトレーダーは山ほどいただろう。

しかし俺のように全く勝てずに負け続けていたトレーダーが信用無限回転のおかげで勝てるようになったという例はそう多くはないと思っている。

それは俺が少数派で特殊な要因で負け続けていたからに他ならないが、やはりメンタル面が大きく関わっていた。

 

2013年のルール改正で信用無限回転が圧倒的負け組の俺を救ってくれた要因とは・・・

株で勝つために有料情報もたくさん登録したし、どんなことでもしました。最低でも無料で得られるメルマガは登録しておくべきです。参考になるサイトを2つだけ紹介しておきます。
株エヴァンジェリスト
新生ジャパン

兄側のノンフィクション小説も連載中です
株で億り人になった弟を持つ男
兄がデイトレで勝てない人のために手法やメンタルについて書いています。
デイトレで勝てない人のためのブログ

-小説本編, 第21話~30話

Copyright© 株で億を4回つかんで4回破産した男 , 2019 All Rights Reserved.